にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ

福岡グルメ 地元福岡ネタ

博多の魚料理の有名店「せいもん払い」で絶品刺身を食す【福岡市博多区上川端:中洲川端商店街】

福岡は”美味しい魚が食べれる街”としても知られていますので、県外からお客さんが来ると「どこか魚の美味しいお店に連れて行って」と頼まれることがよくあります。

そんなとき、県外からのお客さんを連れていくと、百発百中ではずさないのが、博多の魚料理の名店「せいもん払い(せいもんばらい

接待などにも使い勝手のよいお店です。

博多の魚料理の名店「せいもん払い」は、中洲の繁華街に隣接する「川端通商店街」の中にあります。

先日、足を運んだ際には「ソーシャルディスタンスば守ろうね」という博多弁の垂れ幕がかかっていました。

商店街内の「博多弁」の垂れ幕。

「いぼる」って、どういう意味かわかりますか?

雨の日なんかに、足が泥の中に「ぬかるむ」ことを、「いぼる」と言います。

こちらがお店の外観。

今回は、僕の会社の従業員と、仕事の打ち合わせとねぎらいを兼ねて、2人で食事に行きました。

せいもん払い

住所:福岡県福岡市博多区上川端町5-107 シャトー川端 1F

営業時間:17:00~23:45(L.O.23:00)

定休日:日曜日

席数:125席

「せいもん払い」の隣のお店は、ぎょうざの「弐ノ弐(にのに)」

こちらも博多では有名で人気のあるお店です。

では、店内へレッツゴー

1階にはカウンター席

今回は、2階の個室に案内してもらいました。

こちらがメニュー

メニューは豊富で肉料理なども食べれるのですが、「せいもん払い」で食べるなら、やはり新鮮な魚料理。

今回は

・豊後水道の泳ぎサバ刺し(1,480円)

・おまかせ刺身盛り合わせ(2,580円)

・唐津・呼子産やりいか刺し(1,200円/100g)

・唐津・呼子うに箱(時価)

を、まずはじめに注文しました。

注文後、まずはじめに運ばれてきたのは「豊後水道の泳ぎサバ刺し(1,480円)」

「せいもん払い」は美味しい関サバを食べれるお店としても有名なので、これは注文しておかなければいけません。

身が引き締まっていて歯ごたえもあり、まさに絶品でした。

続いて「おまかせ刺身盛り合わせ(2,580円/1人前)」が到着。

福岡で美味しいお魚を出すお店は、醤油を2種類置いてるところが多く、お刺身は甘めの「刺身醤油」でいただきます。

続いて、「唐津・呼子産やりいか刺し(2,400円/200g)」

透明なイカも、九州ならではですよね。

続いて、「唐津・呼子うに箱(時価)」

これはインパクトがありました。味も当然美味しいのですが、目で楽しむこともできる一品です。

海鮮ゴロゴロクリームコロッケ(1,280円)を追加で注文。

中にはエビとホタテがゴロゴロ入ってました。

最後に「馬刺し」を美味しくいただきました。

というわけで、今回は博多の魚料理の名店「せいもん払い」を紹介しました。

福岡に観光などで立ち寄った際に、ぜひ足を運んでほしいお店です。

かなりの人気店なので、事前に予約することをおすすめします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ

おすすめ記事

1

自分が住んでいる街が、有名なアーティストの歌詞に出てきたら、なんとなく嬉しいですよね。 椎名林檎さんの「正しい街」という曲の歌詞に「百道浜も君も室見川もない」というフレーズが出てくるのですが、僕は今、 ...

-福岡グルメ, 地元福岡ネタ

Copyright© 福岡グルメブログ/ポキスケ学習帳 , 2020 All Rights Reserved.